小泉内科医院

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉4-2-47
             TEL: 022-222-8703

診療の内容

  • 総合内科専門医として高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を中心に広く内科全般の疾患を診ております。

  • 胃・大腸の内視鏡検査、CT・MRI検査などは当院では行っておりませんので、これらの検査が必要な場合、さらに精査・治療が必要な場合、入院が必要な場合などは連携している医療機関を紹介しております。(連携医療機関はこちら

  • 投与薬剤数が多くなるに従い、有害事象のリスク増加、その他の問題が生じることが報告されております(ポリファーマシー)。したがって投薬の際には必要最小限を心掛けておりますが複数の病気がある場合などは薬の種類も増えることがあります。

  • 検査は慢性に経過して安定している場合は頻繁には行っておりませんが、糖尿病その他で治療を開始して間もない場合や、状態が変化した場合はこの限りではありません。血液検査結果は翌日に判明します(特殊な検査はさらに数日を要します)。

  • 動脈硬化発症の危険因子(高血圧症、糖尿病、脂質異常症、喫煙、慢性腎臓病、肥満など)を複数有している場合には頸動脈エコー検査を行っております。さらにCAVI/ABIを計測して「動脈の硬さ(血管年齢)」「動脈のつまり」をチェックしております。
  • 心エコーや頸動脈エコー検査は専門の技師にお願いしております(要予約)。

高血圧症・糖尿病・脂質異常症

健診などで高血圧を指摘され来院されたら、日を変えて何度か診察室での血圧を測定し、可能なら家庭でも血圧を測ってもらいます。

高血圧が確認されたら。血圧値以外の心血管病の危険因子の評価、臓器障害の有無、二次性高血圧症に関係する検査などを行った後、投薬を行います。

原発性アルドステロン症、その他の二次性高血圧症が疑われる場合や、悪性高血圧症などで緊急を要する場合は紹介します。

糖尿病は、インスリンの分泌が悪くなっているのか、インスリンの働きが悪くなっているのか、さらに合併症の有無などを検討して投薬(経口糖尿病薬)を行います。経過中コントロール不良の場合はインスリン治療の導入を検討します。SMBG(血糖自己測定)も指導しております。

脂質異常症は冠動脈疾患の既往や、糖尿病、慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患などを有している場合などにはLDL-コレステロールを低下させる薬物治療を積極的に行っております。それ以外の場合でも動脈硬化性疾患の発症リスクを評価して治療を開始します(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版に準じて

心臓病

狭心症や心筋梗塞でカテーテル手術、冠動脈バイパス手術を受けた方の薬物療法が中心です。

心房細動に対しては心エコー検査で基礎疾患の有無を検討します。さらに正常な脈にもどすように抗不整脈薬を投与したり、心不全予防のため正常の心拍数に近づける薬を使用します。血栓塞栓症を併発する危険度が高い場合には、抗凝固薬の投与などを行っております。

加齢や動脈硬化の進展に伴い大動脈弁狭窄症などを併発する患者さんが時々認められておりますが、心エコー検査などで重症度を評価して、進行した場合には連携医療機関を紹介しております。

その他心筋症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などを診る機会もまれにありますが、同様に紹介しております。

呼吸器疾患

主として気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などを中心に診ております。
長引く咳を訴えて来院される方も時々いますが、対応可能と考えます。

まれに、肺炎、間質性肺炎、肺がん、自然気胸、などを診断することもありますが、必要に応じて連携している医療機関を紹介しております。

消化器疾患

内視鏡検査で胃炎、または内視鏡検査、造影検査で胃潰瘍・十二指腸潰瘍などが確認された場合はピロリ菌の検査,除菌治療を行っております。

便秘に対しては従来の浸透圧性下剤(酸化マグネシウムなど)、刺激性下剤(センノシドなど)などに加えて、近年新たに開発された上皮機能変容薬(ルビプロストン、リナクロチド)、胆汁酸トランスポーター阻害剤(エロビキシバット)などを処方する場合もあります。
大腸がんなどの2次性便秘が疑われる場合には病院を紹介します。

健診で肝機能異常を指摘され、来院される患者さんも時々みられます。エコー検査やくわしい血液検査などにより、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、アルコール性肝障害、ウイルス性肝障害、自己免疫性肝障害などの鑑別を行います。NAFLDが疑われる場合にはFIB-4indexなどを算定し、高値の場合は経過観察としております。

高尿酸血症・痛風

痛風発作時には痛みを抑える治療を行います。痛みがおさまってから尿酸値を下げる治療を開始します。

痛風発作の既往がない場合でも、血液の尿酸値が極端に高い場合、腎障害・高血圧症その他の合併症がある場合には治療を考慮します。

感染症

かぜ症候群(急性鼻副鼻腔炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、感冒)の中でも、特に感冒の場合や急性下痢の場合は抗生物質・抗菌薬の投与を極力ひかえております(薬剤耐性の観点から)。
いずれの場合も漢方薬を好んで処方しております。

インフルエンザ抗原、マイコプラズマ抗原、ノロウイルス抗原などの検査を行っております。

膀胱炎、腎盂腎炎などの尿路感染症が疑われた場合には、尿中蛋白・潜血に加え、尿中亜硝酸塩、白血球反応(エステラーゼ活性)などを測定しております。

甲状腺疾患

バセドウ病、橋本病が中心で、まれに亜急性甲状腺炎などを診ることもあります。

また、頸動脈エコーの際に甲状腺に腫瘍が見つかることもあり、悪性が疑われる場合は関連医療機関を紹介しております。

禁煙治療

禁煙を希望されて、ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)5点以上(スクリーニングテストはこちら)、その他の一定の条件を満たせば、保険で禁煙補助薬による治療が可能です。
禁煙補助薬にはニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)とニコチンを含んだ貼り薬(ニコチネルTTS)があり、それぞれ特長があります。

(くわしくは禁煙治療のホームページをご覧下さい)

※チャンピックスは一部の製品においてN-ニトロソバレニクリンが検出されたため、現在出荷が停止しております(令和4年1月現在)。出荷が再開された時に再度お知らせします。

すぐ禁煙.jp

予防接種

インフルエンザ、肺炎球菌を初め各種の予防接種を行っております。

50歳以上の方には帯状疱疹の発症ならびに重症化予防のため水痘生ワクチンか乾燥組換え帯状疱疹ワクチンの接種を行っております。水痘生ワクチンは1回接種(皮下注)で、免疫抑制をきたす治療を受けている患者さんには接種できません。一方、乾燥組換え帯状疱疹ワクチンは免疫抑制患者さんにも接種可能で、より有効性が高いことが報告されております。ただし2回接種(筋注)で、接種費用もより高額となっております。

料金はこちら

健康診断

仙台市の健診(特定健診、基礎健診、前立腺がん検診、肝炎ウイルス検査、風しん抗体検査)、職場の健診(料金はこちら)、有料老人ホーム入所のための健診などを行っております。

往診・訪問診察など

当院通院中で来院が困難となった場合には往診を行っております。
また、看護師による処置などが必要な場合には、訪問看護ステーションと連携して、訪問診察を行っております。

但し、一人で診療をしているためご希望に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
介護保険申請・更新のための主治医意見書の作成も行っております。